コボルトと秘宝の迷宮 新カード評価1(闘技場)

新カード発表週間ということで、10点満点で評価していきます。
そろそろ記事のネタも切れてきましたしね

評価基準はこんな感じです。

10点:あからさまに強すぎるカード(ボーンメア、奈落の始末屋、カバールのカギ爪のプリーストなど)
9点:非常に強いカード(ダークアイアンのドワーフ、ネルビアンの説凶師、アージェントの司令官など)
8点:なかなか強いカード(スカーレット・クルセイダー、巣作りロック鳥、サロナイト鉱山の奴隷など)
7点:ちょっとだけ強いカード(酸性沼ウーズ、フローズン・クラッシャーなど)
6点:普通なカード(有毒下水ウーズ、エンペラー・コブラなど)
5点:ちょっと弱めなカード(激昂のウォーゲン、ポケットサイズの召喚師など)
4点:やや弱いものの、普通に使えるカード(即発のエレメンタル、毒術師など)
3点:弱いものの、使い道はあるカード(戦のゴーレム、熟練武器職人など)
2点:弱いカード(ブーティ・ベイのボディガードなど)
1点:ゴミ


カワキタニの看守.png
4点

マナを埋めながら展開できるカードではありますが、流石にコストパフォーマンスが悪すぎます。
新兵関連やハンドバフ、ダークシャイアの管理官、ニッチなところではトワイライト・ドレイクなどのシナジーが期待できるので、ピック後半でデッキを見ながら取るタイプのカードでしょう。

ギルド募集係.png
4点(1マナを取ることが多いクラス)~6点(1マナが少ない)

そこそこのサイズのミニオンが2枚出せるカードなので、いい感じに横並べを行うことができます。
多少ランダム要素はありますが、リターンも大きいカードです。
ピック途中では1マナを取りにくくなるリスクを背負うことになるので、ピック終盤で取りたいカードではあります。

アルネス.png
5点
さすがにドローもこれだけとなると強いとは思いますが、毎ターン4枚のカードは消費するのも容易ではありませんし、火力を引き込めるデッキ用になるかと思います。

キャスリーナ・ウィンターウィスプ.png
8点

コンゴウインコや野良猫がいるので点数は低めに見ますが、さすがに強いでしょう。

サファイアの小呪文石.png
1点

かなりどうしようもないと思います。そもそもオーバーロードしません。
恐ろしく弱い無貌の操り手といった印象です。


コボルトの幻術師.png
4点

手札次第で断末魔シナジーは起こりえますが、それほど期待できるわけでもないでしょう。構築用。


ジャスパーの小呪文石.png
5点

基本、1マナ2点の除去と見て良いでしょう。新しいコモンで装甲を得るカードが出てきた場合などは評価が上がるかもしれません。

ダスクブレイカー.png
8点~9点

新カードのドラゴンの数にもよりますが、効果は非常に強いです。奈落の始末屋なので・・・
出されて辛いことのほうが多そう。


続きは明日以降。